【セミリタイア中の税金】国民年金にもお得な制度があった!

セミリタイア

こんにちは。セミリタイア生活目前のむーです。

本当にもう目の前なので、今いろいろと勉強中ですが、そんな中で、
無職になっても払わないといけない税金、国民年金でお得な制度があるのを知りました!

その名も 付加年金 です!

ただ、毎月400円、多く払わなければいけません。

その金額が多いと思うか、少ないと思うかはそれぞれだと思いますが、
私は少ないと思ったので、そう思った理由をお話ししたいと思います。

付加年金について

まず、国民年金は、会社勤めしていない人が払う税金です。
無職やアルバイト、自営業、学生さんなどが払う税金ですね。

なので、

会社勤めして厚生年金を払っている人は、この付加年金の制度は利用できません。

国民年金は受給額が少ないので、そんな少ない国民年金を少しでも多く受給させてあげよう、
と思ってくれたかどうかは分かりませんが、そんな感じのお得な制度が付加年金です。

支払い可能期間

20歳~60歳までの40年間

申し込み先

市区役所及び町村役場の窓口

むー
むー

申し込みが必要です!

簡単に付加年金とは

国民年金の月々の支払いを400円多く払うと、
年金受給額が通常より多くもらえるというものです。

むー
むー

多く払うんだから、多くもらえるのは当たり前じゃん。

と、思いますが、この付加年金はどれくらい多くもらえるかというと、

2年で元が取れます。

なので、長く生きれば生きるほど、付加年金のもらえる額は増えていって、
よりお得になります。

わかりやすく、金額で説明していきます。

2年で元がとれる理由

付加年金は、400円多く払った月数で、もらえる額が変わります。

最高40年間、多く払うことができますが、40年400円多く払った場合で考えてみます。

400円×12カ月×40年なので、192,000円

この、192,000円 多く支払うだけで、

200円×(400円多く払った月数)480カ月 ⇒ 96,000円

年間96,000円が基礎年金にプラスしてもらえます。

つまり、

65歳から、基礎年金にプラスで、毎年96,000円多くもらえるのです。

付加年金<br>40年
付加年金
40年

40年で192,000円 払うと

65歳から毎年、96,000円 多くもらえる!

支払った金額は40年で192,000円ですが、

65歳で96,000円、66歳で192,000円もらえることになるので、

2年で元が取れるというわけです。

死ぬまで毎年、プラスで96,000円もらえ続けますので、
長く生きれば生きるほど、お得な制度になります。

75歳まで生きれば、76万8000円もお得になります!

毎月400円多く払わなければいけませんが、2年で元が取れるというは大変魅力的ですよね。

40歳で付加年金を払い始めた場合

わたしは40代なので、これから付加年金を払った場合は、

20年間の支払い額:96,000円 (400円 × 12カ月 × 20年)

年間プラス額:48,000円(200円 × 12カ月 × 20年)となります。

むー
むー

20年で96,000円 払うと

65歳から毎年、48,000円 多くもらえる!

96,000円の支払いで、

75歳まで生きれば、38万4000円のお得、

85歳まで生きれば、86万4000円のお得です!

2年前納すると割引あり

国民年金は、付加年金以外にも、お得な制度があります。

2年分の国民年金を一括で払うと割引になります。

口座振替とクレジットカード・現金払いで割引額は異なります。

口座振替が1万5850円割引で、1番お得ですね。

口座振替
日本年金機構(年金制度・手続き)より
現金・クレジットカード払い
日本年金機構(年金制度・手続き)より

2年前納だけではなく、6カ月・1年とあるので、自分の貯蓄額に合わせて、
少しでもお得になるよう利用したいなと思いました。

まとめ

毎月の国民年金を400円多く払わなければいけない。

その金額が多いと思うか、少ないと思うか。どうでしょうか?

わたしは、

むー
むー

たったの400円でこんなにお得!

と思ったので、退職したら、付加年金を申し込むと思います。

お得な制度は自分で申し込み、申請をしなければいけません。

「お得だよ~」と連絡をくれるのは、詐欺くらいだと思っております。

市役所に行くと、いろいろと教えてもらえるかもしれないので、
退職したら早めに市役所に行こうと思っています。

もしお得な情報があったら、またお伝えしたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました